マラソンとは不健康なことなのだろうか?


ラソンとは不健康なことなのでしょうか?


現代人の我々は200万年における旧石器時代ホモ類の遺伝子のエッセンスが色濃くのこってます。

安定した農耕食物受給はせいぜい1万年程度です。それまでは狩猟採集に頼った生活で、
食料を探す間は体を酷使しそのあと数日は体を休めるというサイクルを繰り返していました。

200万年にわたって狩猟と危機からの脱出のため走っていたのです。
そのとてつもない年月を通して、走りながら身体のバランスや体調が整うように免疫系なども発達してきました。

 

しかし現代人の運動量は旧石器時代の祖先に比べて38%も少ないと言われ、毎日30分体を動かしたとしても、遺伝子に刷り込まれたエネルギー消費の半分も消費できていません。

 

いうなれば現代のライフスタイルと私たちの遺伝子はつりあっていないのです。

 

それは生活習慣病をはじめ、様々な影響を心身に及ぼします。

 

欧米では生活習慣病だけでなくうつ症状や自律神経失調症状にも運動、とくに有酸素運動による心拍数向上の有意性が重要視されています。

つまり生涯にわたって一定の距離、一定スピードのランニングができていれば、そういった疾病の予防なるのです。