トレーニングの原理原則①

今日、マラソン・ランニングのトレーニングは「トレーニング方法」は様々な方法が

謳われています。

私が中学生のころでも「インターバル」「ながし」「ペース走」「レぺティション」など

すでに学生は理解していたと思います。

 

ここ最近では「体幹」や「ドリル系」もよく行われているようになり、脚の上げ方一つでも

トレーニング要素として一般化されてきました。

この辺は「ミクロ」のトレーニング、ボディコントロールとなります。もちろんそういった

要素も「タイム向上」には欠かせません。

 

しかし根本的な原理原則は

 

「速く走りたければ、速く走る」

「長く走りたければ、長く走る」

「速く長く走りたければ、そのように走る」

 

というものです。
その根底には「順化・順応」ができているかどうかポイントとなります。

 

たとえば高高度登山(エベレストなど)では身体機能、細かく言えば

呼吸器系・循環器系・消化器系・内分泌系・運動器系等を低酸素、低圧の状態でも
平地と同じように動作・機能ができるようにして少しずつ高度をあげ(順化順応させ)

、頂上を目指します。

これらが円滑でなかったり、計画性が著しく欠如、体力消耗がある場合は高山病を
発症したり時には死にいたります。

 

同様にもし、サブ4のランナーが5000mを15分で走ったら(もちろん走れない)死ぬか呼吸困難に

陥るでしょう。しかし25分では走れます、なぜならそのペースには「順化・順応」できているからです。

 

 

②につづく

 

【名古屋市瑞穂区のランニングクラブ・リライズランニングプロジェクト】