アキレス腱の痛み


アキレス腱の痛みアキレス腱というのは皆さん割と耳に慣れていると思います。
そもそもアキレス腱はギリシア神話の人物アキレスから由来しています。

端的にいうと「ふくらはぎ腱」です。ですからふくらはぎの筋肉の要因を強くうけます。
さて、アキレス腱の痛みにはいくつかの要因があるといわれています。

①アキレス腱と周囲にあるパラテノンという鞘の摩擦によって生じる痛み
②アキレス腱自体の繊維が損傷されていて痛みがでているもの(微細断裂による炎症)
③アキレス腱とその周囲にある滑液包(座布団みたいなもの)の炎症
④上記が混在

このように一口にアキレス腱の痛みと言っても要因や機序は様々です。
③なんかはわかりやすいです。アキレス腱と踵の骨の付着部あたりをつまむとブヨブヨ感
があります。痛みは一瞬針に刺されたような感覚です。
①とか②ですとふくらはぎのストレッチをかけると痛みます。
実際には④のように混在していることもあるので、痛みの場所や動きの確認をしなくてはなりません。
走り終わって痛み出したら、まずはアイシングです。

軽度の場合はアイシングを20~30分していると痛みが引いてきます。
また、痛みがなくなったら、ふくらはぎのストレッチや、足首周りのエクササイズを行いましょう。

慢性化している場合にはフォーム修正も必要ですが、案外サーフィス(練習環境)や用具(シューズ)
を変えてあげることで再発しないこともあります。

あとは『足の裏、足趾もストレッチやマッサージ』をするのも上図の関係からも
間接的にアキレス腱のストレスを減らします。


【名古屋市瑞穂区のランニングクラブ・リライズランニングプロジェクト】