プロジェクトコンセプト

「 ランニングをレクレーションではなく
             Re-creation へ」

 

「20㎞も40㎞走ってボロボロに疲れるからやめたほうが良いよ」
「仕事で疲れているのに、なぜまた走るのか?」

 

お客様の一人の方が周囲の方に言われたそうです。

確かにフルマラソンを完走すると疲労は決して軽いものではありません。

場合によってはケガをしてしまうこともあるでしょう。

 

また目標記録が達成できないことやレース自体の完走ができないこともあります。

そこで考えて頂きたいのはスポーツがレクレーションではなくRe-creationであるという一つの考え方です。

 

これはスポーツを通して仕事や日常の生活のストレスなどで落ち込んだ心身をもう一度立て直す・Re-creation(再創造)という考え方です。

 

シリアスに取り組む必要はありませんが、いわゆるレクレーション(気晴らし・余暇・娯楽)とは少し意味合いが違います。


自分なりの目標を設定しそのためのプロセスを創造しながら取り組むものです。

 

不調もその意味では一つの通過点であり、それを乗り越えることに意義があると思います。

ですから、上記のお客様も「走っていた方が頭も体も、なにより心も調子が良い」と言われています。

 

必ずしも高いレベルを設定する必要はありませんが、過度に低くする必要もありません。

自分で設定することが大切です。

                       


「自己記録の更新をした時の達成感・・・。」

「初マラソンを完走した時の充実感・・・。」

 

目標を持って、その目標を達成したとき

どのような気持ちでしょうか?

映画を観終わった時や、本を読み終わった時とは、また違う感動がありませんか?

マラソン(ランニング)は自分の成し遂げたこと・走ったことで自分自身が感動することができる

身近なスポーツの一つだと思います。

また、時としてそれは周りの人たちへも感動をあたえることができる素晴らしいものだと思います。

このことはレベルやカテゴリは関係ないものと、確信しています。

私もそのような経験があります。

だから、多少苦しくても走り続けるのかもしれません。


 一つ大事な事は前向きに一生懸命に頑張っているかどうかではないでしょうか。

これはマラソンやスポーツに限ったことではなく、仕事や人生においても同じことがいえるのかもしれません。

その中でケガや体の不調があり、一時的に落ち込むこともあるかもしれません。

 

しかしリライズランニングプロジェクトは一生懸命な、前向きなあなたを応援いたします。

一緒に感動を共有しましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。


トレーニングコンセプト

「経験×理論×実践」

 

私は中学1年生から陸上競技を始め、大学4年生の卒業まで10年間の陸上競技生活をおくりました。

当時から様々なケガをしてしまい、箱根駅伝出場を目指していた大学3年の秋には坐骨神経痛(梨状筋症候群)を発症しました。

 

20年前はまだまだコアトレーニングや姿勢トレーニング、理論的なトレーニングというのはまだまだ少ない時代でした。

ですから、私以外にも痛みに苦しんだり、伸び悩んでいる選手も少なくなかったのです。

 

  その後現在の道に入り、基本的な解剖学・スポーツ医学、スポーツ生理学という原則に基づいて市民ランナーや実業団ランナーの治療や指導に携わりました。

そこで選手とトレーナー・治療者側の双方から「ランニング」をみることで「本質的なトレーニング」というのが明らかになってきました。

 

そこでどのカテゴリ、レベルにおいても共通しているのが、
前方へ円滑な推進動作とバネ(SSC)を利かせた走りです。


もちろんケニア人などの走りのようにすぐにはなりません。
さらに言えば我々日本人の生活スタイルはそれらのエッセンスが薄くなる傾向にあります。


だからこそそれらのエッセンスはフォームに反映させたほうがよい
のです。

逆説的にいえば全く反映されていないランナーには伸びしろがあるといえます。

 

インターハイ・国体で400mと400mハードル優勝の経験もある行方みきがドリル技術監修などを行っております。

 

 

ランニングに必要なエレメントに集中する」

 

エレメントとは①要素。成分。 ② 化学元素。 ③ 素子
ランニングに必要なエレメントをひとつずつ認識・実感することで結果的にフォームの改善・効率化につなげます。

 

同じ10㎞を同じペースで走るのにも効率的に身体をつかったほうが楽に走れます。


逆説的にいえばエレメントが著しく抜け落ちていたり、欠落していると「ランニング障害」の発生起点につながります。ですから、パフォーマンスアップ、記録アップという一面だけでなく障害予防、障害からのリカバリーという意味合いでもエレメントトレーニングは有効です。

このことはビギナーにおいてもシリアスにおいても共通事項です。

したがってリライズランニングプロジェクトではトレーニング多くはドリルワーキング、筋力トレーニング、坂道ランニングを中心としてスキルトレーニングを行い、動き(ムーブメント)の改善をめざします。

 

そうはいっても最後は「走る」ことが重要です。


したがって時折1㎞~3㎞のレぺティションなどを行い、

「実質スピードの向上」→「タイム向上」
につなげます。

 

Break away from Yesterday